「もしかして不妊なのかも」「病院で見てもらうべき?」避妊をやめて数ヵ月経っても妊娠しないと、そんな疑問や不安が生まれてくると思います。
 

健康に毎日を過ごしている人は尚更、病院へ行くのを躊躇ってしまうでしょう。

不妊の治療が難しいのは、赤ちゃんを産みたいという目的がなければ、治療する必要のない人が多いという点。

 
通常の健康診断で問題がなかったからといって、赤ちゃんがすぐできると太鼓判を押されたというわけではないのです。
 
婦人科や不妊外来を受診すると、不妊原因を探るために問診が行われます。
 
どんなことが不妊の原因となるのか、確認してみましょう。
 
☑️気がかりチェック~女性編~
 
☐月経が不規則
 
25~32日周期、出血する日数3~7日というのが月経の正常な範囲。
 
月経が稀にしかない(稀発月経)、あるいは全くない(無月経)という場合は、排卵が起きていないことが考えられます。
 
やっかいなのは月経は周期的にあるのに、実際には排卵していないというケース(無排卵性月経)。この場合、月経があるということに安心して異常に気づくことが遅れがちです
 

月経がかなり不規則な人は、半年妊娠しなければ病院を受診しましょう。

☐月経痛が強い

月経中は、子宮を収縮させる※プロスタグランジンというホルモンが分泌されます。
 
月経痛の正体は主にこのホルモンで、ストレスなどの心理的要因が痛みを助長することもあります。
 
月経痛の多くは心配のないものですが、痛みが非常に強い場合には、不妊の原因となる子宮内膜症になっている可能性があります。
 
※プロスタグランジン
 
月経直前から前半までに増加し、月経痛の原因となる物質。子宮の収縮を促して、経血を体外に排出する働きがあります。
 
この量が多過ぎると子宮の収縮が酷くなり、痛みを感じます。
 

血管収縮作用もあり、腰痛やだるさ、冷えが酷くなったり胃腸の動きに影響して、吐き気や下痢を引き起こすことも。陣痛時の痛みの原因にもなります。

☐開腹手術、もしくは婦人科の手術をしたことがある

腹膜炎や虫垂炎などで開腹手術をしたり、卵巣、卵管、子宮などの生殖器官を手術したことがある場合、術後に癒着を起こして妊娠の障害になっていることがあります。

☐性感染症になったことがある

※クラミジア感染症などの性感染症を放置しておくと、子宮頸管炎や子宮内膜炎、卵管炎などを引き起こすことがあり、不妊や子宮外妊娠の原因になります。
 
クラミジア感染症の初期にはあまり症状がでませんが、おりものが異常に多かったり、腹痛がある場合は婦人科を受診しましょう。
 
※クラミジア感染症
 
性行為を通じて感染する性感染症で、クラミジアトラコマチスによって起こされます。感染しても症状を感じにくいためにパートナーへうつしたり、慢性化してしまうケースが多く、女性にとっては気をつけたい病気です。
 
治療はパートナーも一緒にすることが大切です。
 
☐内科的疾患がある
 
甲状腺の病気や糖尿病、自己免疫疾患などの内科的疾患があると、色々なメカニズムを介して不妊の原因になることがあります。
 
☐薬を服用している
 
抗うつ剤や胃潰瘍の薬などにはプロラクチンを過剰に分泌させる副作用があり、月経不順、無月経を起こすことがあります。
 

服用している薬については医師に詳しく申告し、相談する必要があります。

☐人工妊娠中絶の手術を何回か受けている

中絶手術で必ずしも妊娠できない体になることはありませんが、中絶を繰り返していると、子宮内膜が薄くなって着床しづらくなり、不妊の原因になることがあります。
 

問診では過去の中絶の有無を聞かれますが、妊娠したことがあるということも含め、診察のうえで大切な情報となりますので正直に答えましょう。

☐子宮内膜炎や卵管炎になったことがある

卵管閉塞になったり卵管周囲に癒着を起こしたりして、不妊の原因になることがあります。